おもちゃの家

仲介手数料が発生する

成田市で不動産を購入する場合は、通常は個人売買になることは少ないです。個人売買になる例が全くないわけではありませんが、ごく限られた場面でしょう。たいていの場合は不動産会社が間に入って土地の売買を行っています。この場合、土地を購入する立場としては仲介手数料を不動産会社に支払う必要があります。仲介手数料を支払うことにより、不動産会社はようやくこの時に元をとることができるわけです。そのため、仲介手数料を支払なくていい不動産会社はあまりありません。

仲介手数料は法律で決まっている

成田市の不動産を購入する仕組みの一つとして、購入する立場としてはぜひ気にしておきたいのが仲介手数料になります。通常は、仲介手数料は物件の3パーセントほどと定められています。これは、法律上に制限がかけられており、3パーセント以上の額をもらってはいけないという決まりがあります。そのため、逆から見れば2パーセントでも問題ないわけですがほとんどの不動産会社は3パーセントの上限ぎりぎりにしている傾向があります。交渉次第では、少なくしてもらうことも可能でしょう。

土地を購入する時に支払う費用

土地を購入する時に支払う費用は、仲介手数料以外にも登記費用が考えられます。土地をはじめとする不動産には物と違って名前を書いておくわけにはいきません。立札を立てておいても、立札が抜かれてしまえば意味がありません。そこで、登記簿に名前を記載しておくことが必要になります。この場合、費用としては25万円前後のお金がかかると考えてよいでしょう。この費用は、通常成田市の司法書士に支払うものです。こちらも、交渉次第では安くすることが可能になります。

建物建築する場合の費用

成田市にある不動産会社から土地を購入し建物を建築する場合は、建物を建築費用以外にもお金がかかります。それが仲介手数料と登記費用ですが、それ以外にも火災保険などがかかると考えてよいでしょう。ただ、火災保険に関しては実は強制加入ではありません。自宅が延焼した場合や水害などの被害にあった場合には火災保険が適用されることもありますが、絶対に入らなくてはいけない訳ではありません。たいていの場合は加入しているのに対して、2割未満の家は全く加入していないとのデータもあります。確かに、火災に遭う確率はかなり低いといえるでしょう。保険会社が発表したデータによれば、火災に遭う確率は1年間で1/1000とされています。そのために、わざわざお金を支払うのもばかばかしいと考える人がいてもおかしくありません。ただ、未曽有の災害などが起こった場合にはあっという間に火災に巻き込まれることも考えられます。

広告募集中